販促品とノベルティの違い

販促品とノベルティの違い

ノベルティと販促品は同じものだと思っている人も少なくはないようですが、販促品の場合は景品という意味合いが強いもので、ポケットティッシュやうちわのように、誰にでも簡単に配ることができて、無難に喜んでもらえるものを多く選ばれます。

これに対してノベルティとは、もう少しターゲットを絞り込んで、一定の層に喜んでもらえるようなものを選ぶことが一般的となっています。


そこに行かなければもらえないノベルティ

ノベルティの場合はプレミアム感が強く、それが欲しくて商品を購入するというように使用されることが多く、そこに行かなければもらえないようなオリジナルで作られたノベルティのお菓子などもよく使われているようです。

販促品はイベント会場などで不特定多数の人に配られていることが多く、あたりさわりのないようなものが選ばれることがほとんどですが、ノベルティの場合はもう少しお金をかけて、オリジナル感が強いものにする場合が多くなっています。


ノベルティは限定何個などと、わざわざ配布場所や人数を絞って特定の人にしか配らないという方法が取られることが多く、そうすることで消費者の購買意欲を高める効果も出ることになります。

ノベルティを何にするかは企業にとってはとても重要な問題で、販促品を選ぶような安易な気持ちでいると、目標の売上を達成できないことになってしまいます。

もちろん予算の関係でそれほど高いものを選べないという場合が多いと思いますが、お金をかけなくても、デザイン性を高めることでも、単価が安いものでも高級感を出すこともできるようになっています!


 
コンテンツ